王道の手法

脂肪吸引の王道と言えばこの方法、チューメセントです。 ほとんどの脂肪吸引では、このチューメセント法が採用されているのが現状です。では、チューメセントとはいったいどんな方法なのでしょうか?

・チューメセントって?

そもそもチューメセントとは「ふやかす」という意味です。
出血を止める働きのある薬剤や麻酔効果のある薬剤を混ぜたものがチューメセント液で、この液体を利用して脂肪をふやかして吸引することで、負担を減らす、要するに脂肪吸引の麻薬として利用されています。

・メリットとは?

チューメセント液を注入して行う脂肪吸引法は、確実に脂肪を減らすことができる手法です。

一般的なダイエットでは、脂肪の細胞が小さくなるために、脂肪がなくなったと勘違いしがちですが、脂肪の細胞はそこにあるために、ちょっとしたことで再び大きくなります。それが一般的に知られる、リバウンドです。

脂肪吸引の場合には、この脂肪細胞の数そのものを減らせますので、リバウンドする心配がありません。 なので、セルライトが気になる、お腹周りだけ気になる、といった人にとっても、部分的なサイズダウンを確実に行うことができるのです。

チューメセント液を利用した脂肪細胞の場合でも、脂肪の取り残しなどの可能性もありますので、医師の腕や経験などで手術を依頼する美容整形クリニックを選ぶようにしましょう。