腫れない

脂肪吸引には実は、いろいろな方法があります。
その中でも、特に気になるのが、出血や痛み、また術後の腫れといった、いわゆるダウンタイムです。

ダウンタイムは整形手術などでもご存知の方が多いと思いますが、術後に顔が痛々しく腫れてしまったり、ひどいケースでは、しばらく外出もままならないなど、とてもひどい腫れが続きます。

脂肪吸引にも、このダウンタイムがあります。 脂肪吸引の方法によって、痛み・腫れなどの症状は大きく異なってきますが、その中でも特にダウンタイムを小さくしたいという人にオススメなのが、ボディタイトという脂肪吸引法です。

ボディタイトという手法は、高周波の熱を当てて脂肪を溶かして吸引するという手法です。
高周波の熱というのは、電気メスやがん細胞を治療する際にもよく利用されるラジオ波というものを利用します。

この熱の力によって、脂肪が徐々に溶けていき、液体となって脂肪をカニューレという管で吸引するという手法になります。
一般的なカニューレ挿入による脂肪吸引とは異なり、あらかじめ脂肪を液状にしておくことでや脂肪の取り残しが少ないという点など、メリットがたくさんある脂肪吸引法となっています。

このボディタイト法を取り入れている美容整形クリニックは意外と少ないのが現状ですので、美容整形クリニック選びの際には、しっかりと脂肪吸引の手法を確認し、比較・検討するようにしましょう。